風俗で働くのは副業がいいの?

風俗で働く場合、本業と副業どちらがよいのか?マイナンバーが導入されたことによって、副業がばれてしまうのか? - 風俗を本業にする

風俗を本業にする

マイナンバーの導入で、職場に風俗の仕事で副収入を得ているのがバレるのが怖いと風俗の仕事を辞める人も少なくないようです。
もしバレてしまっては下手をするとクビになるかもしれないとなると、その気持ちはわからないわけでもありません。
でも、副業で得ていた収入がなくなってしまうことは問題ないのでしょうか。

■風俗を本業に?

副業の収入がなくなっても大丈夫という人はいいのですが、少しでも収入を増やしたいからと本業と風俗を掛け持ちしていた人も多いはずです。
そんな人におすすめしたいのが、風俗を本業にすることです。
副業に風俗を選ぶのはそもそもコンビニの店員などのパートよりもたくさん稼げるからという理由の人が多いわけです。
それならばその稼げる風俗の仕事を本業にすれば副業でしているよりももっと稼ぐことができるのではないでしょうか。

しかし今度は「親や身内にバレるのが心配…」という人もいるかもしれませんね。
それならば風俗の仕事を本業にして、それ以外に昼間のアルバイトを持つというのはどうでしょうか。
つまり、逆転の発想ですね。
これなら親や身内には昼間のアルバイトを本業だと言っておけば不審に思われることは少ないでしょう。

■「掛け持ち」するメリット

風俗店で副業を禁止しているお店などありませんからいくらアルバイトをしても問題ありませんし、この方法にはいろいろなメリットもあるのです。
まず、風俗の仕事だけよりも交際の範囲が広がる点があります。
風俗店の多くはスタッフや他の風俗嬢と個人的に親しくなることを禁止していますし、もちろんお客さんとの付き合いは厳禁なのでなかなか交際関係狭くなることはあっても広くはなりません。
その点普通のアルバイトをしていればいろいろな人たちと交流する機会が生まれます。

他にも、風俗では高額な報酬が得られますから一般的な金銭感覚が狂いがちです。
それを修正するためにも「普通の生活」を組み入れることも必要なのです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)2017風俗で働くのは副業がいいの?All Rights Reserved.